MINIPOCHI’s diary

僕は50代後半、妻は50代半ば、東京在住です。子供二人、犬一匹(16歳のトイプードル、ポチ)、20年11ヶ月、246,432Km乗り続けてきたR53 BMWミニ JCWは本当に楽しい車でした。現在は2022年式アウディRS3セダン(GYDNWF)です。ドライブ、株式投資、ペット、オーディオ、音楽、時計等、雑記ブログです。

【犬連れ日帰りドライブ】【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】長野県 安曇野市

 1ヶ月半くらい前のことになりますが、ゴールデンウィークの5月3日(金)は、妻と息子(20代半ば)と娘(20代前半)とポチ(16歳8ヶ月 トイプードル オス)と一緒に長野県 安曇野市【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】へ行きました。家族4人とポチで出かけるのは久しぶりです。【国営アルプスあづみの公園】は、「堀金・穂高地区(安曇野市)」「大町・松川地区(大町市・松川村)」の2か所にあります。一つの公園がエリアで分かれているのではなく別の場所になります。今回は「堀金・穂高地区」へ行きました。

www.azumino-koen.jp

 クルマは、2022年式アウディRS3セダン(GYDNWF)[約11,350キロ]です。今回の走行距離は約530キロです。燃費は満タン法で11.56キロでした。ドライブセレクトは「RSパフォーマンスモード」です。

 午前4時40分頃に自宅を出発しました。目的地の【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】駐車場には午前9時20分頃に到着しました。開園は午前9時半からですが、開園前から駐車場は開放されているようです。駐車場は非常に広いので、満車になることはないと思いますが、メインの入口「ガイドセンター」近くのスペースは、既にかなりの車が駐まっていました。

開園前からたくさんの車が駐まっている駐車場

 ほぼ、開園時間と同時に入園しました。安曇野らしい、とても気持ちのよい公園でした。

【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】「田園文化ゾーン」「里山文化ゾーン」があります。まずは「田園文化ゾーン」から見ることにしました。

 「田園文化ゾーン」のマップは下記です。

www.azumino-koen.jp

【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】を代表する眺めでしょうか。マップでは「7」「8」の辺りです。

アルプスの山々、チューリップ、そしてポチ。

ピークを少しだけ過ぎていたかもしれませんが、きれいな花がたくさん咲いていました。マップでは「14」の辺りです。

新緑の木

気持ちのよい林

石切跡の小径。マップでは「20」の辺りです。

自然豊かな公園には猿も生息しています。

安曇野は豊富で綺麗な水が印象的です。

「展望テラス」からの眺め。マップでは「4」の場所です。

 12時前に「レストランあづみの」で蕎麦を食べました。安曇野らしい蕎麦だったと思います。マップでは「2」の場所です。テラス席はペットOKです。

テラス席近くの小川の水がとてもきれいでした。

 マップ「3」の「あづみの学校」は、かなり面白い施設ですが、ペットはNGです。

「あづみの学校」から出てくる妻や子供たちを待っているポチ。

「あづみの学校」の懐かしい展示。僕が物心ついた頃は、こんな感じでした。

 「田園文化ゾーン」の次は「里山文化ゾーン」へ行きました。一旦、外に出て、しばらく歩くと「里山文化ゾーン」です。「田園文化ゾーン」の入口と比べると、こぢんまりした入口です。人も少なめですが、【あづみの公園(堀金・穂高地区)】を訪れた際には、ぜひ「里山文化ゾーン」にも立ち寄るとよいと思います。

 安曇野といえば田園風景ですが、どこに行けばいいのか少し迷ってしまいます。その点、【国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)】の「里山文化ゾーン」は公園と町の風景が一体化したような公園ですので、安曇野の田園風景を十分に楽しむことが出来ます。里山を歩いているような感じです。今回は菜の花が満開でとてもきれいでした。

 「里山文化ゾーン」のマップは下記になります。

www.azumino-koen.jp

「里山文化ゾーン」入り口はこぢんまりした感じです。

公園というよりは里山のような感じです。

ポチは笑っているようにも見えるのですが、太陽が眩しいだけでしょうか。

安曇野の水車

素晴らしい菜の花畑でした。

切り取ってみると抽象絵画のようです。

絵に描いたような安曇野の風景

歩きやすい散策路

アルプスの山々と菜の花

人知れず咲いている花も美しいです。

 

 安曇野の自然を十分に楽しんで、午後3時過ぎに自宅へ帰ることにしました。午後7時20分くらいに自宅に到着しました。
 ポチは高齢なので、適度に歩かせて、あとは抱っこや、リュック型ドッグキャリーバッグの中でした。